Adults and children were exposed to separate visual and auditory cues from paired renditions of familiar songs by young, untrained singers who attempted to express happiness and sadness. Same-age children and adults decoded the expressive intentions of 8-to 10-year-old singers with comparable accuracy (Experiment 1). For performances by 6-to 7-year-old singers, same-age children were less accurate decoders than were adults (Experiment 2). The younger performers also provided poorer cues to the intended emotion than did the older performers. Moreover, 6-to 7-year-olds were less accurate than 8-to 10-year-olds at decoding the performances of 8-to 10-year-old singers (Experiment 3). The findings indicate that, although young children successfully produce and interpret happy and sad versions of familiar songs, 6-to 7-year-old children are less proficient than are 8-to 10-year-old children and adults. /// 音楽的訓練を受けていない普通の歌唱力をもった児童によって、「楽しい」 あるいは 「悲しい」 気分になるように歌い分けされた周知の歌を、成人お よび同年齢児童に 「視覚情報のみ」と 「穂覚情報のみ」 の二条件で提示した。 歌唱者が 8-10 才児の場合、歌唱者の意図した情動は、成人、同年齢児童と もに解説できた (実験1)。 歌唱者が 6-7 才児の場合、同年齢児童は成人 ほど歌唱者の意図した情動を解説することができなかった (実験2)。 また、 実験 1 と実験 2 における成人の解説率を比較したところ、6-7 才児の情動 表現は 8ー10 才児の表現よりも解説しにくいことが明らかになった。 さらに、 8-10 才児の歌唱表現を6-7才児が解説できるか調べたところ、6-7 才児は 8-10 才児ほどには解説できないことが分かつた (実験 3)。 これら の結果から、6-7 才児は、歌唱者として周知の歎を 「楽しい」 あるいは 「悲しい」 気分になるように歌い分けたり、視聴者としてそれらの対照的情 動表現を解説することはできるが、8-10 才児や成人ほどの解説能力は持 たないことが明らかになった。

This content is only available via PDF.
You do not currently have access to this content.